×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乱視矯正

矯正って良く効く言葉ですが、一言で表しても良く分からないという言葉でもあります。矯正について調べてみました。

眼鏡、コンタクトレンズ(ハードコンタクトレンズ、トーリックのソフトコンタクトレンズ)、レーシックで矯正できる。円柱レンズを使用する事により乱視も矯正可能。

円柱レンズで近視または遠視となる事により、さらに凹レンズまたは凸レンズで矯正必要になるケースがある。この2枚のレンズの機能を1枚で果たすトーリックレンズを使うことが多いが、近視・遠視用コンタクトレンズと乱視用眼鏡を併用することもある。

通常のコンタクトレンズは角膜上で自由に回転するが、乱視用コンタクトレンズは角度をあわさなければならないため、特定の角度で安定する算段がなされている。またレーシックでも乱視は矯正できます。