×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

検影法(レチノスコピー)

他覚的屈折検査の一つで、眼の中に光を投影する検影器と、違うレンズを、1枚の板にまとめた板付きレンズを使用する手法で、オートレフケラトメータよりも、正確な検査ができると言われていますが、検査をするには、熟練のテクニックと知識が必要であり、最近では、検影法での検査は減ってきています。

自覚的屈折検査
当人の自覚的な見え方(視力)を確認しながら行う検査です。メガネの形をした枠に、検査用のレンズを入れ替えながら、最も見やすくなるレンズの度数を調べます。

このレンズの度数が、近視や乱視(矯正視力)もあわせて測定します。
角膜形状解析(トポグラフィ)